読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンチクとウンチク

どれだけ造形的に、身体的に、社会的に素晴らしい建築であるかを知ることが、

造形的に、身体的に、社会的に素晴らしい建築を体験する情報量に勝ることはない。

では、なぜ僕たちは造形に理由を求めるのか。

なぜ人に伝えようとするのか。

誰に伝えようとするのか。

僕らは建築をつくるものたちに向かって語りかける。

だから当然、建築の議論は閉じた議論。

知りたい人だけが知ればいい。

輪に入りたい人だけが入ればいい。

彼らは体験だけすればいい。

その体験が悪ければ、彼らは不満を言う。

良ければ何も言わない。

すごく良ければ彼らはほめてくれるだろう。

僕らはそんな空間を作ればいい。

楽しめる空間をつくろうと思う、ウンチクを添えて。