読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Adobe Resource Synchronizerをアンインストールする方法

先日からどうもMBPの調子が悪かったのだが原因が分かったので備忘録として。
症状としてはファンが爆音で動き出すとネットから切断される、アプリケーションが動かない、印刷ができないなどであった。再起動しても治らないことがあり、悩んでいたがどうもCPUくさいなと思ってファンがうなりを上げた頃にSpotlightからアクティビティモニタを起動してみるとCPUの使用率が80%台であった。なんのアプリが悪さをしているのかなと思ったところ、"Adobe Resource Synchronizer"の文字が。こいつが元凶となりCPU使用率を上げていたので諸々の症状が出ていたようだ。
Adobe SynchronizerはAdobe Trackerと呼ばれるRSSXMLをベースにしたドキュメント配信システムと同期を取る(PDFCasting)ためのヘルパーアプリケーションであることが分かった。つまるところ、AdobeReaderでRSSが読めますよってことらしい。(参照:Page not found « Adobe Blogs
読まねーけどな!!
RSSをわざわざソフトウェアで読むことはまぁないです、だいたい僕はブラウザ上のGoogleReaderで読みますからいりません。ましてなんでこいつが悪さをしているのかもわかりませんが時々ある症状らしく海外のMacForumに解決策が載っていました。至って簡単、消すだけでいいです。

AdobeResourceSynchronizerの消去方法(MacOS X)

/Application/AdobeReader/Contents/Support/Adobe Resource Synchronizer.app

にあるので選択して⌘+delete、ないしは右クリック消去の手順でどうぞ。

再起動かまして問題なければこれでいいはずです。