読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランニング・サンダルことワラーチのデジファブプロジェクトを立ち上げてみた。

企画 Programming

Huarache Running Sandals

Huaraches are an open type of outdoor footwear, consisting of a sole held to the wearer's foot by straps passing over the instep and around the ankle. The common understanding is that a these sandals were a variant of traditional Mexican huaraches, the difference being in design and construction.(引用:Huarache (running shoe) - Wikipedia, the free encyclopedia
ワラーチとは、靴底と足首、足の甲を固定する紐によって構成される開放型のアウトドアシューズである。これはメキシコで見られる同名の伝統的革サンダルとはデザインも素材も異なる。(※拙訳)

 ハンドメイドシューズを製作している方とのやりとりの中で、足型のスキャンは必ずしも制作に役立つわけではないけれど実際の計測データと最終成果物の誤差を記録していきそれを利用することで、より良いものをつくる制作プロセスを改善できないかという話をFacebook上で行っていた。職人は経験からこの誤差を割り出し、実際にモノを作っている。こうした誤差を身体化していくことで製作スピードや精度を上げていくことは、デジタルでもアナログでも共通している。fablabではそうした技術者をファブマスター、ファブマイスターと呼んおり、fablab japan代表の田中浩也さんは、かつてMITで受けたHow to Make Anythingの講義を経てファブマスターとは、

「(ほぼ)あらゆるひと」にものづくりのアドバイスを送ることができるようになる。ファブラボを本当に切り盛りするには、実質的に、この水準のスキルが必要とされるのだ。僕のイメージでは、これは「大工の棟梁」に近い。HowToMakeAlmostAnything2010

としている。つまり、職人の経験知を形式知として出力し、それをさらに共有することがデジタルファブリケーションを通したモノづくりに求められている。こうした「あそび」「まなび」「しごと」を緩やかに繋いで混ぜあわせる創造的なメディア(『fabLife』,田中浩也, P.157)としてのデジタルファブリケーションを援用することで、制作者の活動を活発にするだけでなくエンドユーザーとデザイナー(もしくは、職人)との距離を縮めることが可能になる。買手と売手という関係性を超えたファンコミュニティや生活スタイルの獲得につながるのではないかと期待している。

 前置きが長くなってしまったが、Facebook上のやりとりで私はその時に、スキャンした足型画像を二値化したらアウトラインのベクターデータを取得しやすいのではないかという技術的な提案をしていた。その頃はフィンランドでのプロジェクト発表日に近かったので、自分でそれを製作することはできなかったのだが、一段落ついたので実際にProcessing上でプロトタイピングをし、誰でも利用出来るようにしてみようと公開に至った。

 公開にはGitHubを使い、ライセンスはCC-BYとしたので誰でもダウンロード、プロジェクトへの参加を可能としている。是非一緒に参加してもらえたら嬉しい。まだタスク整理が追いついていないのでそれは追って調整していくつもりだ。残念ながらプログラミングのリハビリも兼ねて製作していたので進行が遅い…。(フィンランドへ来てから初めてまともにProcessingを触っているのでほぼ10ヶ月ぶりのことだ。)

f:id:pnch:20130527054155p:plain
ynbr/huarache_fab · GitHub
https://github.com/ynbr/huarache_fab

 プロジェクトの目的は、技術や制作プロセスの確立、誤差データベースの作成、ワラーチの普及といったところだ。文化的側面として、飛脚とわらじの関係を振り返ってみるのも面白い。ワラーチランナーで数十キロを走る人もいるらしい。経営工学の観点から、日本におけるものづくりとファンコミュニティ・マネジメントを見ていくのも面白いかもしれない。とか夢が膨らむけれど、実際に出来ているのは以下の動画にあるようにまだわずかなことだ。じっくりと取り組みながらプロジェクトのレベルを上げていきたい。

Progress Haruche Fab Project 01 / ワラーチプロジェクト from PNCH on Vimeo.

Progress Haruche Fab Project 02 / ワラーチプロジェクト from PNCH on Vimeo.

関連記事

Maker Conference Tokyo 2012 #MCT2012 でオープンソースとマネタイズについて考えてみた。 - ケンチククラブ
http://pnch.hatenablog.com/entry/20120605/1338855196