読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッティングプロッタを使ってシルクスクリーンの試作

企画

カッティングプロッタSilhouette CAMEOを使ってシルクスクリーンをしてみた。

手順
0. 道具
1. 紗張り
2. 版作り
3. シルクスクリーン印刷

0. 道具

  1. Silhouette CAMEO…¥30k程度
  2. カッティングシート…¥1.5kで900mm*1800mmサイズをホームセンターで購入
  3. 枠を作る木材(サイズは適宜)…余っていた木材で0円(実質¥1k以下)
  4. 木材を留めるボルト…余って(ry
  5. 養生テープ…余って(ry
  6. シルクスクリーン用インク…amazonで¥1k
  7. シルクスクリーン用ヘラ…amazonで¥1k
  8. スクリーン(テトロン #120)…画材販売.jpで¥3k
  9. 木工用ボンド…余って(ry
  10. アイロン…家のやつ0円
  11. アルミ箔…家のやつ0円
  12. Tシャツ(刷るものに合わせて準備)…¥0.4k

――――――――――――
合計:¥37k程度
※CAMEOも持っていたので実質¥10k以下

1. 紗張り

 テトロン #120 を購入。木枠をボルトで留めて組み、紗を貼り付ける面に木工用ボンドを厚めに塗り、乾かしてから二度塗り。網に水をスプレーで吹き付けながらアイロンで角から四方を熱溶着していく。ボンドがアイロンについてしまうことがあるので、アルミ箔を被せて防ぐ。専用の機材とかあったほうがいいのかもしれないけれど、安くしたかったので購入せず。(割と力入れて引っ張りながらなので二人一組でやるほうが綺麗に貼れると思います。)

f:id:pnch:20140623161021j:plain

2. 版作り

 Adobe Illustratorで適当に。版は紗の外側に貼り付けるため、最終案を左右反転させてCAMEOでカッティングシートを切り出す。外側に貼る理由は後述。なお、Core Drawや付属ソフトでも版は作成可能。Illustratorを使う場合、プラグインを使用することで直接書き出すことが出来る。

3. シルクスクリーン印刷

 紗の外側にカッティングシートを貼り付ける。内側に接着すると、ヘラでシートがずれる場合があるので注意。当然、転写シートがあると貼り付けやすい。余計なところにインクがつかないように養生テープを内側から貼り付ける。
 インクが裏移りしないように段ボールシートなどをひき、紗を所定の位置に設置。気持ち多めにインクを乗せ、ずれないように枠を手で抑えながらヘラでインクを上から下へ、下から上へ刷る、を二回行なう。枠を取り外し、インクが他所につかないようにしてインクを乾かす。その間にスクリーンを水洗いしておく。再利用する場合は、外側を洗うときは慎重にカッティングシートが剥がれないように洗うこと。スクリーンを乾かして使うこと。

http://instagram.com/p/pk9B-mKe62/
試しにTシャツへ刷りだしてみた。

感想

 手際が悪かったのか、カッティングシートの限界なのか、エッジが綺麗に出ていないことが気になる。実験で作成し、検討する分には問題ないけれど、よく見ると気になるレベル。ここは要練習かもしれない。
 カッティングシートで制作する良さは、簡単に版を作成できることに尽きる。データを残しておけば再利用も簡単。枠をひとつ作ってしまい、シートを剥がして別のを貼り付けることで色々な柄を試すことが出来る。少量多品種生産をする人にはぴったりのものといえるでしょう。

追記

着てみた

http://instagram.com/p/pleibNqe3B/