読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の魅力を発信、SNUG CITY NAGOYAの取り組み。 名古屋はシティプロモーションの先に何を見るのか、僕たちは何ができるのか。

snug.city.nagoya.jp

名古屋市が仕掛けるウェブプロモーション。今回はオウンドメディアを手がけているようで、芸能人だったり地元を知る人と疑似観光をするという内容。浅井健一さんのような名古屋出身で名古屋好きな人へのインタビューが続くのかな。次のインタビューは誰か少し気になります。

しかし、正直な感想は『本当なのか、これ…。コンテンツもデザインも、、』という内容です。一体誰が、どのような時に、どうやって見るのか。そして、なぜこのサイトを見るのか、が設計できているようには思えない。
でもこれって、ウェブデザインやコンテンツを制作している側の問題ではなくて、発注者側、つまり名古屋市が整理できていないからなんじゃないかな〜。

そんな否定的な印象を持ってしまったのですが、僕自身が一番関心があるのは、ページ下部にある「名古屋魅力向上・発信戦略」というPDFです。OTHERと隅に追いやられているけれど、重要な整理がされている。暴力的にまとめると、10年間で名古屋の①イメージ刷新、②愛着醸成、③発信!発信!発信!を行う計画だということです。名古屋市が市民と一緒に発信した先にどんな未来を思い描いているのだろうか。受け取った側は何ができるのだろうか。僕も未来に向けてどんな動きをできるのか考えていきたい。

例えばだけど、ベルリンは2030年までこういう戦略で進めるって方針を発表しています。 BerlinStrategy Urban Development Concept Berlin 2030 (PDF)
続いてこっちはNYCが出しているOne New York The Plan for a Strong and Just City (PDF) です。僕は当たり前だと思うのですが、きちんと目標Visionと手続きStrategyを出している。やりっぱなしじゃなくて、きちんと評価するということですね。名古屋市はたぶん、これ。名古屋市:名古屋市基本構想(市政情報)です。デザインを軸足にもっとできることはあるはずだと改めて認識しました。頑張ろう。