読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23: ヘルシンキ: スオメリンナ島、デザインミュージアム、建築ミュージアム

両親も疲れが溜まってきたかと思っていたがまだまだ元気だ。朝からマーケット広場に連れ出される。手作り品だけでなく市場のように食品も売られている。ぐるっとしたところでスオメリンナ島へフェリーで向かう。ツアリストチケットがあるので両親はフリーパス。僕は二回目の上陸。グースの子どもがふわふわしていて可愛い。昨年きた時はもう成長していてかなりでかかった記憶がある。一夏でガチョウの1.5倍くらいになる。

本土に戻りエスプレナーデ通りのカフェで遅めのブランチ。そこから少し歩いてミュージアムへ。デザインミュージアムと建築ミュージアムは隣にあるので嬉しい。デザインミュージアムは「デザイン美術館の未来」というテーマで今後デザインミュージアムは何をどう展示して行くのかという実験的な展示であった。いくつかのテーマがあったが、個人的にはLocationとActivismがここ数年大きく盛り上がって行くテーマだと思う。両親にデザインガイドをしながら回っていたので満足していた。

建築ミュージアムはたまたま入場無料だった。展示はLight House、昨年のヴェネチア建築ビエンナーレで展示されていたものだ。コンセプチュアルな展示のため、母の頭の上にはクエスチョンマークが浮かんでいた。前後でミュールマキ教会でも見せればよかっただろうか。展示室でタンペレ大学に留学していた間部くんに偶然会い、フィンランドでの別れができた。次はきっと日本で会えるだろう。