2015年にやること・やらないこと

1年の計は元旦にあり。すでに元旦は過ぎているけれど、100個も書き出さないのでどうにすべりこませて欲しい。 やらないこと 週7勤労、2日以上の徹夜 喫煙 経営コンサルきどり 2014年も注意をしていたのであまり週7日勤務した月はなかったと思うけれど、長期…

2014年に読んだ本まとめ

あけましておめでとうございます。本年も定例化され始めた「読んだ本まとめ」から始めたく思います。 今年はフリーランスとして仕事を始めたこともあり例年に比べて読書量が下がってしまいました。春先と年末にまとめて読み進めた書籍が大半を占めており、社…

続「仕事をしない日」シャツが出来るまで。

「え、パンチくんって2コ下だったの!?3歳くらい年上だと思ってたわ!」今年に入ってからこのやりとりが3回ほどありました。老け顔の星に生まれた私は、思い起こせば、中3の15歳から社会人と間違えられ始めたのです。大須や矢場町へ買い物に出かけると「今…

Good Job!セミナー 愛知 ~福祉と企業の協働から生まれる地域ブランディング~ に登壇しました

Good Job!セミナー 愛知 ~福祉と企業の協働から生まれる地域ブランディング~ に久野専務と登壇し、ポンチョ制作についてお話しました。

久野染工場×Good Job!プロジェクトの取組みについて話してきました

本日は名古屋市新栄町にあるコミュニティ・カフェ パルルにて、運営者の森田恭平くんにお誘いいただき『久野染工場×Good Job!プロジェクトの取組み』についてお話させてもらいました。伝統工芸×障がい者就労の取り組みはすでに事例があるのですが、このプロ…

最近良く言われること

1. 忙しそうだね。 →今週末に自主プロジェクトの「誰のための有松絞り」展があって、来週末からは染色工場で福祉施設とレインポンチョつくってるGoodJob!プロジェクトの巡回展が始まるので架橋が続いています。再来週からはわりと自由になるので声かけてくだ…

「仕事をしない日」パーカーが出来るまで

「仕事をしない日」パーカー届いた「仕事をしない日」パーカーとは、読んで字のごとく胸元に刺繍で「仕事をしない日」と入れているだけのパーカーだ。このパーカーを着ているだけで仕事をしない日を宣言できるので、ビールをそこいらで飲んでいようが、お店…

有松絞り×デジタルファブリケーションWS@名古屋 レポート #portal_.

秋晴れが気持ちいい9月13日に、Maker Lab Nagoyaと久野染工場の協力の下、『有松絞り×デジタルファブリケーションWS』をARIMATSU PORTAL; PROJECTで開催しました。すでに記事を書いているように、手ぬぐいをつくるWSではなく、手ぬぐいをつくるための版木を…

有松絞り×デジタルファブリケーション・ワークショップに向けて #portal_.

この4月から動き出したARIMATSU PORTAL; PROJECTでは、ついに有松から出て外部でのワークショップ実現に向けて動き出しました。9月13日に名古屋のMaker Lab Nagoyaで、9月20日には大阪のFablab Kitakagayaで行います。詳しくは、下記のFbページをご覧くださ…

小豆島建築ミーティング vol.2を終えて

2014年8月22日に小豆島、Umaki Campで開催された小豆島建築ミーティング vol.2に登壇者として参加してきました。登壇者には、宮本佳明さん、家成俊勝さん、藤村龍至さんほか、第一線で活躍される建築家の方々ばかりで非常に濃密で、刺激的な時間となりました…

板締め絞りとレーザーカッター #shibori. #portal_

二枚の図形をillustratorで作り、Maker Lab Nagoya Maker Lab Nagoya - メイカーラボ名古屋のレーザー加工機で切出し。手ぬぐいの端材で染の実験。カットラインはThingiverseで公開しています→ Cut line of Wooden pieces for Shibori, Tie Dye by ArimatsuP…

『くそあつい』ので、シルクスクリーン×糊防染×有松絞り 手ぬぐい作ってみた #shibori.

[FxxKIN' HOT くそあつい 西瓜] 暑い。京都にいた時も暑かったけれど、やっぱり名古屋も蒸し暑い。Macbook Proも熱くて、冷却台なんてないかのように熱い。壊れそうな気がしてすごく心配だけれど、僕が働くこの場所には空調設備は小さなサーキュレーターひと…

良いものへの触れ方、向かい方

日中に流れてきた記事では、若者のハイブランド離れを嘆く声が聞こえてきた。服飾専門学校に通う学生がファストファッションを多く購入しているという数字と、それを説明かのように学生の懐事情についても触れられている。文末には、収入が少なくなりハイブ…

カッティングプロッタを使ってシルクスクリーンの試作

カッティングプロッタSilhouette CAMEOを使ってシルクスクリーンをしてみた。 手順 0. 道具 1. 紗張り 2. 版作り 3. シルクスクリーン印刷 0. 道具 Silhouette CAMEO…¥30k程度 カッティングシート…¥1.5kで900mm*1800mmサイズをホームセンターで購入 枠を作る…

CHABO勉強会 米澤隆氏レクチャー+水野太史氏常滑WSについて@京都

昨日は京都の向い、CHABOの勉強会で米澤隆さんのレクチャー+水野太史さんの常滑ワークショップに関するディスカッション。5時間くらいぶっ通しでレクチャーとディスカッションが同時に起きる知的空間が京都にあることが素晴らしいと強く感じる。米澤さんの…

一宮のいいビル

RRR MATERIAL展の設営を昨日で終えるはずが、一部修正が入ったので再び、一宮へ。 改めて会場である尾西繊維協会ビルが惚れ惚れするほどいいビルだった。昭和3年に清水組名古屋支店によって設計、施工された建築だ。尾西繊維は、名古屋市・長者町の繊維問屋…

展示に向けて

愛知・一宮で開催されるRマテリアルにむけて準備中。teamアラマチとい名義で有松の方と展示します。 久野染工場がもつ形状記憶加工を分かりやすく説明し、その技術を用いて製作されたウェアの展示が行われます。僕はパネル製作と展示台の作成をしてるんだけ…

5/10 1600~ 「Processs vol.1展を巡る思考 素材/地域/デザインの実践」 にモデレーターとして登壇 #processs

大阪で始まる展示の関連企画として、ファッションデザインに従事される方々とディスカッションをします。アンテナの吉岡さんも僕も建築・都市畑の人間ですが、果敢にも他業種との接点を図ろうという試みです。トークタイトルからも想像が出来るように、サス…

noteで初めてコンテンツが売れたよ\(^o^)/

FabNight#07@Fablab Kitakagayaのディスカッションレポートを公開します。 | Kakeru Asano | note https://note.mu/kasano/n/nee0359d2dd4a 先日紹介したnoteで200円公開しているFabNightのレポートを販売実績のお知らせが届きました。これ、すげー嬉しいで…

小さく身軽に働くこと、建築事務所との場合

昨日の二つの大きなデザインリサーチプロジェクトの他にも動いてることとして、建築事務所と一緒に設計コンペに参加させてもらっている。5月半ばまでの短いプロジェクトで、週に2日ほど事務所まで出向いている。ここでもポジションはデザインリサーチャーで…

動き出す二つのデザインプロジェクト

大学院を修了し、気がついたらそろそろ一ヶ月が過ぎそうだ。実家へは一時的に戻るつもりだったのだが、このまましばらくは名古屋にいることになりそうだ。元々は海外への博士課程進学を検討していたのだが、語学が足りず最低1年は勉強をしながら金を稼ごうか…

コミュニケーションはTwitterのみ。長者町で #amrコンペ が開催中なので遊びに行ってきた

栄に出かける用事があったので帰り道に寄り道して長者町はトランジットビルディングへ。オシャレなカフェを抜けて地下へ向かうとせっせと作業をする学生たちがいる。wunit+椙山女子大学 雅研究室らが企画するAMRコンペだ。10日間に渡り日替わりで来場者のお…

noteアカウントを取得してみた

Kakeru Asano (kasano) | note https://note.mu/kasanoシンプルなUIとマイクロペイメントシステムが評判のnoteさん。ファンがついていない人や情報商売をしている人には難しさの方が強いなーと思いながらも登録してみました。身近にお小遣い感覚でなにかを制…

悔しい春

23日から修了式直前まで大学でポートフォリオ作成、25日に大学院を修了し、27日には就職活動の面接、29日はFablab Kitakagayaで滝内さんとFabNight#07を企画・運営し、30日はDESIGNEAST 05 CAMP の出発式の補佐。同世代の山道、飯田の両氏が力強く話をしてい…

Automatorが便利:論文で利用する画像の加工を自動化

初めて使った機能だったのでメモ。Automatorを使うとサイズ調整やグレースケール加工が一括操作でできる。手順は以下のとおり。 ■メニューバーよりAutomatorを操作するための設定 1)アプリケーションからApple Script Editorを開く 2)メニューバーより設定を…

創造系不動産 高橋寿太郎さんレクチャー覚えがき

昨日、工繊大にて創造系不動産 高橋さんの公開レクチャーが行われた。デザイン経営工学の学部生1,2回生が受講するデザインマネジメント授業の一環で外部講師として招かれていた。 創造系不動産株式会社 講義をtwitter実況しようと思っていたのだが、wifiを忘…

2013年に読んだ本まとめ:50冊

あけましておめでとうございます。 今日で正月休みも終わりとし、明日から研究活動再開です。さて、昨年はようやく、年間50冊読書を達成することが出来ました。毎年のように「今年は50冊読むぞ。」と意気込んでいたのですが、プロジェクトなり惰性なりでなか…

メモというカタチで

また久しくブログの更新を怠っていた。今年も残すところ10日のようだ。1年がどんどん早くなるということを1年ごとに痛感する。帰国してから約半年間の間に色々なことを経験してきたのだけれども、メモとしてしか残せないのはもったいないなと思うけれど、今…

名古屋での生活

帰国してあっと言う間に一ヶ月が経った。ゼミへの参加や家業の手伝いをしているため、名古屋と関西を毎週行き来している生活をしている。金銭的な理由で青春18切符を駆使し、ゆっくりと3時間かけて向かう。インターネットとデバイスさえあればちょっとし…

小豆島「観光から関係へ」は未来のデザインミュージアム

27日に日帰りで小豆島へ大学の友人ら四人で行ってきた。僕は往復3,300円のチケットを購入し、夜行フェリーを神戸港から乗り込んで高松経由で坂手港についた。雑魚寝スペースは意外と明るいし、ジャンボフェリーの歌がうるさいので(歌を覚えちゃう)アイマス…

25 日本へ帰国しました

約一ヶ月に渡る帰国前旅行を終えて、帰国しました。これから卒業までは修士論文の執筆や研究室の活動や個人活動に従事していこうと思います。ただ、修士号取得後は海外での活動を目標にしたいと思っています。まずは目下、大学への提出資料作成を済ませる予…

24 タリン: 旧市街地をぐるり

ヘルシンキから高速フェリーで約2時間、朝市は予約できなかったので9時半発のフェリーに乗り込みタリンへ。下調べをほとんどせずに来てしまったので、船の中で旧市街地を中心に調べてみる。結果として、ウロウロしながら観るのにちょうどいいサイズだと判…

23: ヘルシンキ: スオメリンナ島、デザインミュージアム、建築ミュージアム

両親も疲れが溜まってきたかと思っていたがまだまだ元気だ。朝からマーケット広場に連れ出される。手作り品だけでなく市場のように食品も売られている。ぐるっとしたところでスオメリンナ島へフェリーで向かう。ツアリストチケットがあるので両親はフリーパ…

22 ヘルシンキ: アラビアファクトリーと荷物引き取り

さーて、ついにフィンランドに戻ってきた。なんだろうか、すごくホーム感を感じる。一年間ここに住んでいただけなのに交通機関や街の仕組みを知ってるからだろうか。当然迷うことなくスムーズに宿泊先へ。スオメリンナ島行きの船が出るマーケット広場そばに…

21 バルセロナ: 両親に付き合いショッピング

これまでの旅行で全くなかったアクティビティの一つ、ショッピング。貧乏旅かつ小さなバックバック一つで来ているので微塵も考えていなかった。これが海外旅行の楽しみの一つなんだよなと思いながら二人がいろいろ見ているのを後ろからトコトコついて行く。…

20: モンセラット: 山上修道院のブラック・マリア

母の希望でバルセロナから一時間半ほど離れた聖堂を見に行くことに。麓からはケーブルカーへ乗り換えて、標高600m弱の山頂付近にその修道院はある。岩山に囲まれる中に聖堂や展望台などがある。展望台からは一面緑豊かな風景が広がるが、眼下はかなり急勾配…

19 バルセロナ: ガウディ建築を両親と巡る

サクラダファミリアを見に行くために早起きをする。チケットを買うために並ばなくてはいけないらしい。(あとで調べたらネットで買えるみたいだ.) 九時すぎにサクラダファミリアへ到着するとすでに長蛇の列、さすがの求心力だ。向かいの公園から写真を撮って…

18 アムステルダム、バルセロナ: ハイネケンミュージアムで生ビールを

Heineken Museum アムステルダム最終日は、午後からバルセロナへ向かうこともあり中央駅近郊で観光。オランダ発のビールメーカー、ハイネケンのミュージアムを訪れる。入場料18€とちと高めだが、できたてのビールを三杯飲むことができる。展示は、創始者の物…

オランダ・アムステルダムで撮影されたドキュメンタリー"Creativity and the Capitalist City"が映しだす創造都市とは

Creativity and the Capitalist City [Japanese] from creativecapitalistcity on Vimeo. 先日、ライプツィヒでお会いした大谷さんが日本語の翻訳責任を務めたドキュメンタリーを紹介していただいた。このドキュメンタリーは、アメリカ経済学者リチャード・…

17アムステルダム: テクノミュージックの祭典、Awakenings Festival 2013へ

Awakenings Festival Report - June 29, 2013 - Recreatiegebied Spaarnwoude 17日目、ランタン祭と同じく唯一フィックスだった予定がこのAwakenings Summer Festivalだ。ダンスミュージックにおいて、アムステルダムはロンドン、ベルリンに続き世界へ大きな…

16 アムステルダム: fablabの城、デザインギャラリーdroog hotel、アーティスト村NDSM

16日目はアムステルダム、宿泊先のハーレムから電車で15分のれば中心地までいける。あいにく天気がすぐれず肌寒い。七月目前で17度前後は想定外だったのでパーカーを買いにH&Mへ駆け込む。こうした時はジェントリフィケーションさまさまである。準備も整いま…

15 バーゼルから20分くらい、VitraCampusは建築家の動物園

15日目は朝からドイツとスイスの国境境にある家具メーカーVitraに向けて出発。シュツットガルトから約三時間かけて、駅からさらに20分ほど歩くと到着。バスでも行けるけど歩きたかった。エントランスに向かうまで、安藤忠雄、フランク・O・ゲーリー、H&deMが…

14 シュツットガルト: ベンツにポルシェ、ミースやコルビュジェらによる戦後住宅

ついに旅行を始めて二週間がたった。疲れも溜まってきているのでゆっくりと見て回る予定でスケジュールを確認。工業都市シュツットガルトは自動車メーカーの聖地だ。普段車に興味はないが、メルセデスベンツとポルシェミュージアムに向かう。どちらもNeckapa…

13 ベルリン→シュツットガルト: 稀に良くあるタイムテーブル変更に遭遇。。

13日目は移動日に。1335→1908の列車で行くはずが電光掲示板にその列車がない。インフォメーションセンターで聞くも「予定が変わりました。」という返答のみ。最速で到着する列車が5分後だったので飛び乗りシュツットガルトへ。乗り換えをして到着したのが200…

12 ライプツィヒ: 日本の家

今日も本当に楽しい一日だった。ライプツィヒで活動されてる大谷さんに市内案内してもらい公園で談話。夕方からはfaifaiのリノさん、アーティストイン児童館のウスイさんが合流して児童館トーク。世の中には面白い人・ことが溢れてる!刺激受けるなぁ。— ynb…

11 ベルリン: ニューナショナルギャラリー、GBLTパレード

九日目、お昼にベルリンへ入りお世話になるこの家に荷物をおいてベルリンで働く方にお会いしにいく。 今日は @noriyuki_sawaya さんにお会いしてお話を聞いてきた。物事を相対化されてお話される聡明な方という印象。日本、フィンランドからドイツへ活動の場…

10 ポズナン: ランタン祭りに参加したよ

10日目、ポズナンで夏至祭に参加。午前中は日本人メンバーと街ブラをし、会場を下見する。カテドラルや大学、デパートなどはあるが地方都市特有の途上感を感じる。街並みは機能主義の影響を受けた建築が多く、シンプルな集合住宅が多い。街一番のデパートは…

09 プラハ、ポズナン: 移動日かつ電車トラブルでトホホ…

九日目、朝から電車でポーランドのポズナンへ向かう。よく調べずにワルシャワ経由で行く予定だったが片道15時間かかることが分かりベルリン経由に予定変更。電車の空調設備が故障しており暑いなーと思ったらドイツに入った頃で修理のため停車、45分くらい修…

08 プラハ: ストラトフォト修道院図書館、フィッシュダンス、ブラックマドンナ。そしてピルスナーウルケルなど

八日目、無事に時間通り起きてホテルから歩いて15分ぐらいだったストラトフォト修道院を目指す。小道をトコトコ登り続けると人がたくさんいる、観光コースに組まれているらしい。ロシア語っぽいのでロシア人だろう、街にもたくさんのロシア語を見るしご近所…

07 ウィーン、プラハ: セセッション館、移動日なので少なめ

7日目、ウィーンとプラハ 27度近くの気温にヘロヘロ。コペン、ヘルシンキでは半袖だと寒かったのに半袖でも暑い。朝からセセッション館に行くも特別展示が準備中で見れず。きちんとスケジュールを確認すべきだった。。建築自体の歴史と復興された様子の常設…